悪徳弁護士とは

2015年3月19日 悪徳弁護士

このサイトに辿り着いたという事は、過払い請求を視野に入れている方が大半だと思います。

そこで、過払い請求に関わる幾つかの注意点を述べておきますのでのちに役立てて頂ければ幸いです。

まず一般の方が「過払い請求に申し立て」を行う時に思う事は、

・手間が掛かる。

・専門知識が無い。

・素人が作成した書類で申し立てが通るかが不安だ。

他にも色々あるかと思いますが、一般的にこういう場合は「弁護士事務所」や「会計事務所」に依頼をします。

そこで気を付けないといけない点をご説明しておきます。

弁護士に依頼する時にも費用が発生します。

債務の返済が滞り、過払い請求を視野に入れている方にとって、弁護士費用の捻出をすることは中々困難だと思います。

そういった方を食い物にする弁護士も中には居るので要注意です。

お金の無い方にどうやって着手金を確保させるのか。

相手は弁護士ですから法律のプロフェッショナルです。

その抜け道においても精通しており、唯一の頼り処である弁護士の一声で藁にも縋る思いで依頼していますので、誰しも弁護士の言う事は聞いてしまう心理状態になっています。

悪徳弁護士が案内する方法は俗に言う「闇金業者」からの融資です。

過払い請求の依頼をする方は大半が一般的な消費者金融では融資ができない状態にある方が大半ですので、これ以上まともな融資先は探せないでしょう。

初期資金が払え無い状態にある人が相談に来ても弁護士も商売ですのでお金が入ってこないと運営すら出来ません。

「依頼を受けても仕事を解雇されてしまうと後払いで受けたとしても全額報酬を受け取れない可能性が高い」や、「そもそもこの人から報酬を取れるのか」等、様々な事を思うでしょう。

そこで初期費用で最低威厳の金額を確保させる手段として「闇金」を案内する弁護士が過去の事例としてありました。

闇金に借りさせ、数週間してから改めて依頼に着手するといった手法で法律の裏をかき、利益を得るのです。

既に消費者金融からの「追い込み」がある方にとっては、1件くらい増えても過払い請求が通るまで少しの辛抱だと思い決断する方もいます。

そもそもまともな精神状態であれば、負債を減らす行動に手を貸す側の人間が更に追加で負債を背負わせる様な真似をするのか。

ここで疑問が湧くと思います。

ですが、過払い請求の申し立てをしようと行動に移した方にとっては、若干この感覚が麻痺しているかと思います。

ですので、相談の際「闇金」を臭わせる様な弁護士には最初から依頼しない様にしましょう。